一般的な親知らず処置

口を開けた患者

親知らずの抜歯は、痛くて腫れる大変なものだというイメージがあります。 しかし、少しでも快適にすることは可能です。 まず、笑気ガスを導入している歯科医院を探します。 笑気ガスは、吸うことでリラックス作用があるために、恐怖心を取り除くことができます。 眠ってしまうことはなく、意識ははっきりとしているので、治療中の会話も可能です。 親知らずの抜歯はこわいものだという思いこみにより、麻酔では取り除くことのできない、 緊張からくる痛みを取り除くことができます。 笑気ガスを外せば、すぐに元の状態に戻るので、入院する必要もなく、 日常生活に戻ることができ、歩いて帰宅することが可能です。 健康保険が適用されるので、治療費もそれほどかかりません。

親知らずはできれば抜歯したくないと思っている人が多くいます。 しかし、抜くことでメリットもあります。 例えば、親知らずは一番奥に生えてくるために、虫歯になりやすいですが、 その手前の歯も虫歯になりやすくしてしまいます。 抜歯することで、虫歯のリスクを減少させることができます。 虫歯の痛みもなくなります。 そして、歯ブラシが届かない奥なので、汚れがたまりやすく、 口臭の原因となってしまうことがあります。 親知らずは、自分ではきれいに磨いていると思っていても、 なかなかきれいに磨ける人は少ないです。 口臭は自分だけでなく、相手にも不快感を与えてしまいますが、 抜歯することで、口臭がなくなり、清潔な印象になることができます。